分子の違い

girl yellow coats

カニやエビの殻から抽出されて生成されたままのキトサンは、全て高分子キトサンと呼ばれるものです。
分子ってなんだ?というと、高分子とは分子量が高いもしくは大きいという意味で、イメージで言うと”粒の大きいキトサン”というとわかりやすいでしょうか。
この高分子キトサンこそ、本来のキトサンの持つ効能・効果を最大限に発揮されると証しています。また、この分子量も高ければ高い程良いとされているようです。

いっぽう、低分子キトサンは高分子キトサンをさらに加工して分子の結合を加工したものを指します。高分子が粒が大きければ、低分子は粒の小さなキトサンというイメージと捉えて良いでしょう。
人によったら低分子は、体内に吸収されやすいという認識を持つ人がいますがその考えは間違っています。基本、キトサンの持つ機能は低分子・水溶性では低下してしまうのです。
中には機能性を認められている超低分子のものもあります。しかし低分子を全て良くないとは思いませんが、中途半端な分子量のものは避けるべきでしょう。

高分子・低分子のそれぞれにメリットがありますが、どちらかを選んで服用するのではなく、まずは両方を服用した方が幅広い効果を得られるのでおススメです!
両方を服用してみて自分の体調の変化や効果の変化を確認してみても良いでしょう。
さらに、キトサンのサプリメント商品のなかには高分子キトサンと超低分子のキトサンオリゴ糖を一緒に配合したものもあります!